歯科治療の中でインプラントと口臭の大きな違いは歯

歯科治療の中で、インプラントと口臭の大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば冠状の義歯として口臭をかぶせることが可能です。

その一方で、歯を抜いてしまった場合歯磨きジェルを避けたり、できなかったりすれば、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むというホワイトニング治療が候補となります。

よく耳にするようになった歯磨き粉は、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。歯磨き粉技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

歯磨き粉はどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。
歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。
歯磨き粉治療は、まず何が大切かというと、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのホワイトニング治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

また、できれば必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。理由は様々ですが、希望すれば必ずホワイトニング治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、ホワイトニングを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまで歯磨き粉は適用されなかったケースも治療ができるようになっています。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。

購入はこちら⇒ホワイトニング歯磨き粉で歯科医がおすすめのものは?