食事をした際に店で発行する領収証にはお通しの注文数か

食事をした際に店で発行する領収証にはお通しの注文数から同席していた人の数が書いてある事があるので、不倫と決定づける参考資料となります。あわせて、クレジットカードの支払い項目は月々チェックするようにします。
仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、浮気相手と宿泊したと判断される事があります。
不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は少なくなります。それに、不倫した相手が不倫を認めない時には証拠が必要になります。
第三者からみても明白な浮気の証拠が必要です。
車の目立たない場所にGPS端末を装着して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、現在地を把握したり、データログを後から読み出し行動を確認することができます。
車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。そうすれば、相手がどこに行ったのかやどのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。探偵による浮気調査の結果、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。パートナーが信用できなくなってしまうと死ぬまで一緒にいるとなるとかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。それと、原因となった不倫相手に慰謝料の請求をしておけば間違いなく別れさせられるはずです。
夫と浮気相手のいる場所に奥さんが乗り込みおぞましい戦場になるシーンは、小説やドラマでしばしば目にします。
夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、殺人にまで到ってしまうシナリオもよくありますね。浮気の現場を直接つかまえるのも1つの方法でしょう。
離婚まで覚悟しているならば、試してもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です